黄昏色のオーディオ使い

-  |  次の5件 »

『劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール』を観てきました

今日用事があって長野へ行ったので、そのついでに『劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール』を観てきました。権堂駅の近くに在る長野グランドシネマという映画館でです。

2/18に公開されたばかりで、土曜日の午前11時代の一回目の上映回だったこともあり、スクリーン館内はほぼ満席状態でした。お客を見渡すと中学生から20代までが大多数で、親子連れを除くと中年以上の人はほとんどいませんでした。『ソードアート・オンライン』(SAO)は若年層のオタクに圧倒的な人気があるらしいので、その様子が映画館の客層からもうかがえました。

一応感想も書いておきますが、私にはいまいちピンと来ず、本映画の世界にのめり込むことができませんでした。ストーリーは良く出来ており、作画も圧倒的にきれいで登場人物達も良く動き回るのでスクリーンから眼を離すことができませんでしたが、私はまるで別世界の出来事を望遠鏡で眺めているような気分で観ていました。TV版を観ていたときも感じていたことですが、SAOという作品の舞台であるVRやARによるゲーム世界とその中で起きる出来事に私はどうしてもシンパシーが湧きません。TwitterやLINEを日常的に使っているのは大多数が若者で、仲間と常につながっているという感覚を知っているのは彼らだけです。いまの世の中で、SAOの世界に共感できるのはそういう人達だけなのだろうと思えてなりませんでした。

私はいま周りに家族や友人が一人もいない環境で日々暮らしています。生まれつき一人で行動することを好む質だったので、いまの生活に寂しさはまったく感じません。SAOの世界観は「常に仲間と共にありき(we are always together)」であり、いまの若者にとってそれは当たり前のことなのでしょう。この世界観は私には違和感の方が大きく、大小の差はあっても40代以上の人は同様に「自分>仲間」という意識を持っているんじゃないでしょうか。いまの若者は「自分≧仲間」という意識がかなり強いんじゃないかと想像しています。世代論になってしまいますが、本映画を観ながら、世界の中での自身の実在感について20〜30代までとそれより上の世代では大きな意識の差が存在するんじゃないかと思ってしまいました。

それから、本映画の「ゲーム世界での記憶を取り戻すために戦う」というテーマにもあまりシンパシーを感じませんでした。ゲーム世界での記憶がなぜそれほど大切なのか、私には感覚的には理解できていても深い部分では理解できないからです。そういう意味では、キリトやアスナ側よりむしろ敵側のエイジや重村教授の方に共感を覚えました。「ゲーム世界で死ぬと現実でも死ぬ」という設定こそがSAOの肝であり、そういう極限状況での体験だからこそかけがえのない記憶なんだというのは理解できます。しかし、それは結局戦時下での軍隊体験と同じではないかと思ってしまいました。戦時下では軍隊に入って戦った者もいれば、戦闘に参加せずに銃後で一般人として暮らしていた者もいます。数で言えば、圧倒的に後者が大多数です。死と直面する戦時下での軍隊仲間はお互いに強い絆で結ばれ、その経験は一生忘れられないものだと良く言われます。確かにそうなんだろうなぁというのは想像できます。SAOのゲーム世界でも、キリトやアスナのようにモンスターとの戦闘に積極的に参加した者もいれば、ユナやエイジのように戦闘に参加せずに暮らしていた者もいるはずです。数で言えば、むしろ後者が多数派だったのではないかと思えます。

戦争時代の体験を積極的に語る者もいれば、語りたがらない者もいます。戦闘には参加せずに、ただひたすら厳しい生活に耐えながら戦争が終わるのを待っていた人が大多数でしょう。そういう人達にとっては戦時下で過ごした日々は辛い記憶でしかなく、死んでいった人々へのやましさもあるので戦争を語りたがらないのでしょう。空襲を受けた街では多くの民間人も亡くなっており、そういう光景を目にした人ならなおさら死者へのやましい気持ちが強いはずです。戦争に参加した人々と同様に、こういう銃後の人々の想いも尊重されるべきです。キリトやアスナは戦争に積極的に参加した側の人間です。人々の感動を呼び起こすような物語が起きるのは戦争に参加側した側なので、そちらにフォーカスが当たるのは仕方がないですが、それは「戦時下の物語」であることを意識しながら観るべきものです。私には本映画は結局戦争映画と同じテーマを扱っているように思えてなりません。深く考えると本映画のテーマはここまで重いものなのですが、このテーマを題材として扱っていても、その重さをしっかりと意識して創られているようには感じられませんでした。そして、本映画を観た若者達がこのテーマの重さに気づけるとも思えません。ここまで深く考えながら観るべき映画ではないことは判っているつもりでした。TV版からSAOの世界観への違和感は予測していましたが、テーマの重さにまで想いが及んでしまったことが私が本映画を楽しめなかった理由だったように思えます。

別の話題なりますが、私は昔長野に住んでいたことがあります。11年前に引っ越してしまったのですが、長野へ行ったのはそれ以来です。長野駅の善光寺口側は駅ビルも駅前もすっかり近代的な佇まいに変わってしまっており、別の街に来てしまったのかと思うほどでした。私が長野に住んでいた頃は駅周辺でさえ古い建物が多く寂れた雰囲気が漂っていたものですが、いまはすっかり小奇麗な街になっていました。上田からは50分位で行けるので、これからときどき長野へ遊びに行こうかと思います。車を持っている人は軽井沢へ行く方が多いのですが、私は電車での移動なので長野の方がアクセスが楽です。

2017-02-25 18:13 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MaGaosi/HLSX BK50 レビュー

上田は先週から少し気温が上がって春の兆しが感じられるようになってきました。菅平高原の山々は積雪の白さがかなり減ったので、確実に春が近づいていることが目にも観えます。朝の最低気温はまだ零下ですが、最高気温は10℃を超える日が多くなってきました。身体が寒さに慣れてしまっているので、0℃前後なら朝暖房をつけなくても耐えれるようになってきました。

さて、前記事でMaGaosi/HLSX 808という中華イヤホンを紹介しましたが、同じメーカーから現在他に4種類のイヤホン製品が販売されています。そのすべてがハイブリッド型なので、HLSXはどうもハイブリッド型イヤホンを得意としているメーカーのようです。これらのうち中華イヤホン・マニアから一番高く評価されているBK50という機種を入手済みなので、本記事でそのレビューを書きます。このBK50を入手したのは去年の12月です。

私が入手したBK50はマイクつきのモデルですが、マイク&リモコンなしのモデルもあります。

なお、本レビューは100時間程度のエージングを行った上で書いています。箱出し直後は高音域のシャリつきが目立ちましたが、その傾向はエージングによって大分改善しました。また、エージングによって音の粒立ちが良くなり音場も大分広くなりました。

特徴、外観


DSCF8034-MaGaosi_HLSX_BK50-468x351
DSCF8049-MaGaosi_HLSX_BK50-468x351
DSCF8079-MaGaosi_HLSX_BK50-468x351
DSCF8077-MaGaosi_HLSX_BK50-468x351
DSCF8072-MaGaosi_HLSX_BK50-468x351
DSCF8090-MaGaosi_HLSX_BK50-468x351
DSCF8100-MaGaosi_HLSX_BK50-468x351
DSCF8099-MaGaosi_HLSX_BK50-468x351
HLSX BK50は口径10mmのチタン振動板ダイナミックとBAドライバを1基ずつ搭載した1DD+1BAのハイブリッドイヤホンです。ドライバの詳細は不明ですが、もしかするとHLSX 808と同じ物を搭載しているのかもしれません。

BK50のハウジングの素材は木とアルミ合金の組み合わせです。本体ボディのサイズは標準的で、重量は軽めです。ステム径は標準より少し太めです。全体的な造りは良いですが、細部に少しあまさが見受けられます。背面はメッシュ状になっており、この部分からかなり音漏れします。ケーブルの線材はLC-OFCらしいです。ケーブルの表面はゴム状で手触りは良くありませんが、柔らかいので癖はつきにくいです。

製品の付属品は、4セットのイヤーピース(シリコン製S1/M2/L1セット)とケースのみです。

音質印象


HLSX BK50の音を聴いて、特に印象が強かった点を先に列記します。

  • 見通しの良さが印象的なすごく聴き易い音質感
  • 価格からは信じられないほど質の高い音場感
  • どんな音楽もかなり満足度の高い音で聴くことができる
  • ボーカルや大編成オーケストラ物の相性が抜群に良い

高音域は量感も伸びも充分にあります。透明感と見通しの良さが印象的な染み渡るような優秀な質感です。ただし、音源によっては若干シャリつきを感じることがあります。中音域は豊かな艶があり、音の厚みも充分に感じられその存在感は特筆モノです。低音域の量感は充分です。力感はそこそこですが、締りやキレは物足りなく少し膨よかでボワつき気味です。十分に制動が効いておらずやや緩めな印象はありますが、広がりや深みは結構ありなかなか上質な低音です。周波数特性は高音側と低音側を少し持ち上げたV字型ではないかと思います。全体的に抜けが良く見通しの良い音で、しっかりと作り込まれた感じがありながら自然な印象もする、すごく聴き易いリスニング系のトーンバランスです。

音場はかなり広いです。どの音域にも豊かな残響・余韻があり、横方向への広がりは充分にあります。物足りなさはありますが、奥行き感もそこそこあり、見晴らしの良さも感じられます。分離感はそこそこですが、定位感は結構あり、楽器の鳴っている位置が判り易いです。解像感もなかなか優秀な印象です。HLSX 808と似ている音場感ですが、BK50の方が残響・余韻がより少なく音像がくっきりていて奥行き感があります。HLSX 808の残響は過剰気味で少し不自然な印象がありましたが、BK50にはそれがなくより自然な感じがします。

ヴァイオリンの倍音は多めですが、若干柔らかめな音です。キレはそこそこですが、広がり感はかなりあります。ピアノの響きは普通ですが、キレは結構あり音の輪郭はくっきりしています。トランペットはきらびやかな音で、伸びもかなり優秀です。女性ボーカルは透明感と音の艶がすばらしく、抜群の相性です。男性ボーカルも深みや豊穣さが感じられ、やはりかなり相性が良いです。ベースの音は弾力感はそこそこですが、沈み込み感は結構あり存在感は充分です。ドラムはやや重めな鳴り方です。迫力もあり存在感は充分です。

全体的に中庸な脚色感の音色なので、音楽ジャンルとの相性はあまりなくいずれも満足度の高い音で聴くことができます。バンド編成物は華やかさが際立ち、音の抜けも良いです。ポップスやロック系も華やかな鳴り方で、ノリの良さも味わえます。ジャズ系もスイング感にあふれており、かなり相性が良いです。ブラス物はきらびやかで伸びある音で、かなり相性が良いです。ボーカル物もクリアかつ自然で聴き易く、ちゃんと楽器と同じ位置で歌っているように聴こえます。大編成オーケストラ物も華やかで落ち着き感もしっかりあります。クラシック系は華やかさとまとまり感が絶妙なバランスで両立しており、広がり感もあり抜群の相性です。電子楽器が多用されたテクノポップ系もキラメキやスピード感があり、なかなか相性が良いです。

音質傾向


弱ドンシャリ、ウォーム系、リスニング系

音質評価


高音域:★★★★☆
中音域:★★★★☆
低音域:★★★★
音質感:★★★★☆
音場感:★★★★☆
解像感:★★★★
※「音質感」についての説明はこちら

総合評価


HLSX BK50の音質はHLSX 808で不評だったボーカルが楽器より引いた位置で聴こえるという欠点を改善したものらしいです。この2つを聴き比べてみると、確かに中高音域の厚みに差がありBK50の方が上のように感じられます。ただし、低音域の量感はBK50の方が少し控えめです。トーンバランスはBK50の方が私の好みに合っていますが、ポップスやロック系のノリの良さはHLSX 808の方が少し上に思えます。ただし、音の見通しの良さや空間表現力は明らかにBK50の方が上で、女性ボーカルのライブ物や大編成オーケストラ物との相性は絶品の域です。HLSX 808は万能型でしたが、BK50の音質はそれ以上の万能型に思えます。

BK50は音質傾向はSendiy M2と少し似ている気がします。どんな音楽も満足度の高い音で鳴らす万能型でボーカルや大編成オーケストラ物との相性が抜群に良いという点も似ていますが、BK50はM2ほど濃くなく全体的にすっきりした音です。どららも2chの中華イヤホン・スレで頻繁に名前が出ますし、価格も近いのでライバル機種と言えます。この2つはなかなか良い勝負をしていますが、中高音の質感重視ならBK50、中低音の質感重視ならM2という基準で選べば良いんじゃないかと思います。音場感のグレードも近いですが、単純な音場の広さを比較するとM2の方に軍配が上がるでしょう。余裕の感じられる鳴り方という観点でもM2の方が上です。ただし、解像感はハイブリッド型のBK50の方にやや分があるように思えます。M2が中華イヤホンの銘機なら、BK50の音質もそう呼ぶに相応しいものだと言うべきでしょう。

評価ランク:★★★★☆

商品ページ


MaGaosi/HLSX BK50

http://www.aliexpress.com/item/Original-HLSX-BK50-Hybrid-In-Ear-Earphone-Driver-BA-With-DD-HIFI-Earbuds-Double-Unit-In/32710990215.html
AliExpress.com Product - New HLSX BK50 Wooden Pink Hybrid Balance Armature With Dynamic IEM HI-FI In Ear Earphones Earbuds with Mic and Volume Control

タグキーワード
2017-02-20 13:58 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MaGaosi/HLSX 808 レビュー

最近入手したイヤホンを立て続けに紹介してきましたが、少し前に入手したイヤホンでやはり感銘を受けた物があるので、それのレビュー記事を書こうと思います。去年の10月に入手したHLSX 808という中華イヤホンがそれです。

HLSXは2016年から本格的に製品販売を始めた中国の新興イヤホン・メーカーです。最初は低価格製品を中心に展開しており、その頃は「HLSX(HiLiseningの略記)」というブランド名を使っていましが、去年の後半から$100クラスの製品の販売も始めて、ブランド名を「MaGaosi」に変えたようです。最初の製品のHLSX 808がHead-Fiで高く評価されことがきっかけとなって、日本の中華イヤホン・マニアもこのメーカーに注目するようになりました。私がHLSX 808を入手しようと思ったのは、2chの低価格帯中華イヤホン・スレで本機の話題に出ていたからです。

私が入手したHLSX 808はマイクなしのモデルですが、マイク&リモコンつきのM1というモデルもあります。M1の方は複数のオーディオ・メーカーにOEM提供されており、Amazonでも販売されています。

なお、本レビューは50時間程度のエージングを行った上で書いています。箱出し直後は高音域が硬めでシャリつきが目立ちましたが、その傾向はエージングによって大分改善しました。また、エージングによって低音の締りや音の粒立ちも良くなりました。

また、本レビュー記事から新たに「音質感」という評価項目を追加します。これは音域全体を広く見渡した質感のバランスを意味しており、リアルな音の質感にいかに近いかという印象も含まれています。英語だと“texture”(質感、手ざわり、肌合い)が一番近い意味の単語になるでしょうか。いままで個別の音域の量感や質感は採点してきましたが、これらだけでは全体的な音の質感から受ける印象が読者へ伝わり難いと思うようになりました。各音域の量感や質感が多少劣っていても、総合的な質感バランスが優れていることによってすごく聴き易い音だと感じるケースもあります。そういうケースをしっかり評価するにはどうすべきか悩んだ末に、この項目を追加することしました。一般的にはあまり使われていない単語かもしれませんが、本ブログにおける「音質感」は左記のような意味だという前提で読んでください。

特徴、外観


DSCF7981-MaGaosi_HLSX_808-468x351
DSCF7987-MaGaosi_HLSX_808-468x351
DSCF8011-MaGaosi_HLSX_808-468x351
DSCF8007-MaGaosi_HLSX_808-468x351
DSCF8019-MaGaosi_HLSX_808-468x351
DSCF8015-MaGaosi_HLSX_808-468x351
DSCF8026-MaGaosi_HLSX_808-468x351
HLSX 808は口径10mmのチタン振動板ダイナミックとBAドライバを1基ずつ搭載した1DD+1BAのハイブリッドイヤホンです。

ハウジングの素材は軽量ステンレスのようです。本体ボディの造りはしっかりしており細部の仕上げも優秀です。色はBlack、Blue、Red、Rose、Yellow、Goldの6つのバリエーションがあります。本体ボディのサイズは標準的ですが、重量は軽い方です。ステム径は標準的で、大抵の標準ステム径用イヤーピースが使えます。

製品の付属品は、4セットのイヤーピース(シリコン製S/MS/ML/L各1セット)とケースのみです。

音質印象


HLSX 808の音を聴いて、特に印象が強かった点を先に列記します。

  • 透明感とキラメキが印象的な聴き易い音質感
  • 価格からは信じられないほど質の高い音場感
  • 女性ボーカルや大編成オーケストラ物との相性が特に良い

高音域は若干線が細めで少し硬質な感じですが、量感は充分にあります。伸びもなかなか優秀です。金属的で少しキンキンした鳴り方の高音ですが、透明感とキラメキが印象的な澄み渡るような上々の質感です。ただし、音源によっては若干シャリつきを感じることがあります。中音域は厚みが少し物足りませんが、音に艶が感じられ、こちらも上々の質感です。低音域の量感は充分以上です。力感も結構ありますが、締りやキレは物足りなくかなり膨よかでボワつき気味です。十分に制動が効いておらずやや緩めな印象はありますが、広がりや深みは申し分なくなかなか上質な低音です。周波数特性は高音側と低音側を大分持ち上げたV字型ではないかと思います。全体的に抜けが良くきらびやな音で、しっかりと作り込まれた印象が強いですが、かなり聴き易いリスニング系のトーンバランスです。

音場はかなり広いです。どの音域にも豊かな残響・余韻があり、横方向への広がりは充分にあります。物足りなさはありますが、奥行き感もそこそこあり、見晴らしの良さも感じられます。分離感はそこそこですが、定位感は結構あり、楽器の鳴っている位置が判り易いです。透明感が印象的な澄み渡るような音場感は価格からは信じられないほど優秀です。解像感もなかなか優秀な印象です。ただし、HLSX 808の音場感はハウジングの反響によって作り出されている印象が強く残響が過剰気味な感じもするので、この点は好みの分かれるところかもしれません。これを不自然な音場だと感じる人もいるんじゃないかと思います。

ヴァイオリンの倍音は多めですが、硬めでも柔らかめでもない中庸な音です。キレはそこそこですが、広がり感はかなりあります。ピアノの響きは普通です。キレはそこそこですが、音の輪郭は結構くっきりしています。トランペットはきらびやかな音で、伸びもなかなか優秀です。女性ボーカルは透明感と音の艶がすばらしく、抜群の相性です。男性ボーカルにも透明感があり深み・豊穣さも感じられ、かなり相性が良いです。ベースの音は弾力感はそこそこですが、沈み込み感は満点で存在感は充分以上です。ドラムはかなり重めな鳴り方です。迫力も満点で十二分な存在感です。

全体的に脚色感強めで派手さのある音色ですが、音楽ジャンルとの相性はあまりなくいずれも満足度の高い音で聴くことができます。バンド編成物は派手さが際立ち、音の抜けも良いです。ポップスやロック系は華やかかつ派手な鳴り方で、ノリの良さも味わえます。ジャズ系もスイング感にあふれており、かなり相性が良いです。ブラス物はきらびやかで伸びある音で、なかなか相性が良いです。ボーカル物もクリアで聴き易いですが、楽器より少し後ろに下る傾向があります。大編成オーケストラ物も華やかさが際立ちますが、落ち着き感は物足りません。クラシック系はまとまり感にはやや欠けますが、華やかさや広がり感は申し分なく一番に相性が良いです。電子楽器が多用されたテクノポップ系はキラメキはありますがスピード感が物足りなく、まぁまぁの相性です。

音質傾向


中ドンシャリ、ウォーム系寄り、リスニング系

音質評価


高音域:★★★★
中音域:★★★★
低音域:★★★★
音質感:★★★★☆
音場感:★★★★☆
解像感:★★★★
※「音質感」についての説明はこちら

総合評価


HLSX 808の音質は下位クラスからグレードアップした人ならほぼ全員が満足できるものだと断言できます。

$100クラスのイヤホンと比較すると、音域感はかなり無理をして作り込んだ感じで少し不自然な印象もありますが、全体的な質感バランスが良くすごく聴き易く音です。特に音場感は優秀で、$100クラスの機種にさえ負けていないほどグレードの高いものだと思います。大編成オーケストラ物との相性が特に良いことからも潜在能力の高さがうかがえます。$50以下の低価格イヤホンで、音数の多い大編成オーケストラ物をこれほど満足度の高い音で鳴らす物はなかなかありません。本機はHLSXの最初の製品ですが、いきなりここまで高音質なイヤホンを開発できることは驚愕に値します。

HLSX 808の現在の販売価格は$35〜40なので、$10〜$20クラスからグレードアップするには最適な機種です。$40〜50クラスにはライバル機が多いですが、$30〜40クラスの中ではトップクラスの優秀な音質です。ハイブリッドイヤホンの入門機としてもベストな選択の一つとだと言えます。$50以下の初めての中華イヤホンとしてもお薦めな機種だと思います。

評価ランク:★★★★

商品ページ


MaGosi/HLSX 808

http://www.aliexpress.com/item/Woting-Original-HLSX-808-Hybridd-In-Ear-Earphone-Dual-Driver-BA-With-DD-HIFI-Earbuds-Double/32677279805.html
AliExpress.com Product - 2016 Origina HLSX-- 808 HLSX-- 18 Hybridd In Ear Earphone Dual Driver BA With DD HIFI Earbuds Double Unit In Ear Headset

タグキーワード
2017-02-19 13:43 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tennmak Crazy Cello レビュー

最近入手したイヤホンを続けて紹介していますが、またしても感銘を受けた物があるので、そのレビュー記事を書きます。Tennmak Crazy Celloという中華イヤホンがそれです。このイヤホンを入手したのは去年の12月で、AliExpressのメーカー・オフィシャルストアから購入しました。

Tennmak Proなどによって高い評価を獲得しているTennmakというガレージメーカーが去年の10月に発売した新製品です。去年の9月にTennmak Proのレビュー記事を本ブログに掲載したことをメーカーへ伝えたのですが、それ以来メーカーの中の人と情報交換をするようになりました。新製品のCrazy Celloが発売されたことは知っていましたが、すぐに入手したいとは思っていませんでした(私の興味はユニバIEM機へ移っていたからです)。その後しばらくして、Crazy Celloに興味がある旨をメーカーへ伝えると、同機のレビューを書くなら特別価格で売ってくれるという申し出があり、この申し出を受けてレビュー者向けの格安価格でCrazy Celloを購入しました。なお、レビュー記事には私自身が感じた率直な内容しか書かないという条件をあらかじめてメーカーへ伝えて了承を得ています。

Crazy CelloはHi-Res対応であることを前面に押し出して販売されており、商品ページには再生応答周波数として5Hz〜70kHzというデータが記載されています。大抵のHi-Res対応イヤホンの再生応答周波数の上限値は40kHzなので、これはとても信じられない数値ですが、こういう大げさなデータを堂々と記載しているのはいかにも中国のメーカーらしいです(こういうのは温かい目で見てあげましょう)。この数値が眉唾だとしても、Crazy Celloの音域の広さはすごく優秀です。

特徴、外観


DSCF7735-Tennmak_CrazyCello-468x351
DSCF7736-Tennmak_CrazyCello-468x351
DSCF7745-Tennmak_CrazyCello-468x351
DSCF7791-Tennmak_CrazyCello-468x351
DSCF7752-Tennmak_CrazyCello-468x351
DSCF7764-Tennmak_CrazyCello-468x351
DSCF7755-Tennmak_CrazyCello-468x351
DSCF7796-Tennmak_CrazyCello-468x351
※上の写真では、光の加減で本体ボディの色は薄い紫に見えますが、実際の色はグレーです。

Crazy Celloはダイナミック型ドライバを1基搭載しています。ドライバの詳細は公開されていていませんが、本機用に特別に設計された物が使われているらしいです。

ハウジングの素材は航空機グレードのアルマイト加工アルミニウムが使われています。サイズは標準より小さめで、重量も軽い方です。ステム径は標準より少し細いですが、大抵の標準ステム径用イヤーピースが使えます。外見からだけの判断ですが、ケーブルの材質もかなりグレードの高いものが使われているような印象です。このケーブルは柔らかく、癖はつきにくいです。

本体ボディの形状は逆円錐形です。形状的にSHURE掛けもできそうに思えますが、SHURE掛けだと装着感が安定しないので通常掛け専用で使った方が良いです。本イヤホンは耳孔への装着具合によって音質が変わるので、装着位置をしっかり調整する必要があります。大きめのイヤーピースを使い、浅めに耳孔へ挿し込む方が良いようです。

なお、本レビューは100時間程度のエージングを行った上で書いています。箱出し直後は高音域の硬さが目立ち、低音域の量感も少し物足りませんでしたが、これらの傾向はエージングによって改善しました。

音質印象


Tennmak Crazy Celloの音を聴いて、特に印象が強かった点を先に列記します。

  • 価格からは信じられないほどの音域の広さ
  • 豊かな残響・余韻によって創られる広めの音場
  • どんな音楽もかなり満足度の高い音で聴くことができる
  • 特に大編成オーケストラ物との相性が良い

高音域は若干線が細めで少し硬質な感じですが、量感も伸びも充分にあります。透明感と見通しの良さが印象的な澄み渡るような高音で、まるでBAドライバが出しているような特筆モノの質感です。中音域は僅かに中高音寄りの重心です。厚みは少し物足りませんが、音に艶が感じられ、こちらも上々の質感です。低音域の量感は充分以上です。力感も結構ありますが、締りやキレは少し物足りません。広がりや深みは申し分なく、ダイナミック型の良さを上手く引き出していると思える上質な低音です。周波数特性は高音側と低音側を持ち上げたV字型ではないかと思いますが、音域の広さがすごく印象的です。高音の存在感が他より少し強めですが、なかなか聴き易いリスニング系のトーンバランスです。

音場はかなり広いです。どの音域にも豊かな残響・余韻があり、横方向への広がりは充分にあります。物足りなさはありますが、奥行き感もそこそこあり、見晴らしの良さも感じられます。分離感も結構ありますが、定位感はかなり物足りません。高音と中低音の両方の残響によって創られた透明感と広がり感が絶妙なバランスで、いままでの低価格なダイナミック型では味わったことがない音場感です。解像感もかなり優秀な印象です。

ヴァイオリンの倍音は多めでやや硬めな印象です。キレはそこそこですが、広がり感は充分にあります。ピアノの響きは少なめですが、エッジの効いた輪郭のくっきりした音です。トランペットはきらびやかな音で、伸びもなかなか優秀です。女性ボーカルは透明感と艶が感じられ、かなり相性が良いです。男性ボーカルにも透明感があり深み・豊穣さも感じられ、なかなか相性が良いです。ベースの音の弾力感や沈み込み感はそこそこで、まぁまぁの存在感ですが、締りやキレは不足気味です。ドラムはかなり重めな鳴り方です。迫力も満点で十二分な存在感です。

全体的に脚色感強めな音色ですが、音楽ジャンルとの相性はあまりなくいずれも満足度の高い音で聴くことができます。ただし、高音の質感が硬めで少し鋭すぎる印象があるので、高音成分が多めな音楽だと聴き疲れするかもしれません。バンド編成物は華やかさが際立ち、音の抜けも良くメロディーラインが聴き取り易いです。ポップスやロック系は華やかで、ノリの良さや弾むようなリズム感も味わえます。ジャズ系もスイング感にあふれており、なかなか相性が良いです。ブラス物はきらびやかで伸びある音で、やはり相性が良いです。ボーカル物もクリアで聴き易いですが、楽器より少し前に出る傾向があります。大編成オーケストラ物も華やかさが際立ちますが、落ち着き感は少し物足りません。クラシック系はまとまり感にはやや欠けますが、華やかさや広がり感がすばらしく一番相性が良いです。電子楽器が多用されたテクノポップ系はキラメキやスピード感があり、かなり相性が良いです。

音質傾向


中ドンシャリ、ウォーム系寄り、リスニング系

音質評価


高音域:★★★★☆
中音域:★★★★
低音域:★★★★☆
音場感:★★★★☆
解像感:★★★★

総合評価


Tennmak Proは価格グレードを超えた音質だったので、Crazy Celloにも期待していたのですが、その音質は期待以上でした。

Crazy Celloの正価は$66.53(大体常時セール中で、本記事投稿時の販売価格は$49.90になっています)ですが、その価格からは信じられないほどグレードの高い音質に驚いてしまいました。私がいままで試聴した5千円以下のイヤホンの中では飛び抜けて優秀な音質で、1万円前後の機種とさえ良い勝負をしているほどです。音質要素の細部を比較すると、上位クラスの機種には及ばない点もありますが、総合的な音質で比較するとなかなか良い勝負をしているように思えます。特に音場感は優秀で、上位クラスの機種にさえ負けていないほどグレードの高いものだと思います。

ただし、Crazy Celloの音質には無理をして頑張りすぎている印象があります。$100クラスの機種と比べると余裕の感じられる鳴り方とは言えず、ドライバの性能を極限まで引き出しながら鳴っているんじゃないかと思えます。音域感も価格を超えた優秀さであることは確かですが、全体的な音の厚みは物足りなさを感じます。価格から考えると、この辺まで望むのは要求レベルが高すぎると言うべきしょう。

低価格帯の中華イヤホンの中で私が一番気に入っているのはSendiy M2ですが、これからはM2とCrazy Celloを使い分けていこうと思っています。M2の音色が柔ならCrazy Celloは剛という感じなので、この2つは上手く使い分けることができそうです。中国製も含めて5千円以下のハイレゾ音源を聴くのに向いた解像度高めのイヤホンを推薦するように求められたら、いまなら迷わずこのCrazy Celloを薦めるでしょう。

Tennmakはいまのところ$50クラス以下のイヤホンしか販売していませんが、いずれの主力製品も購入者数は100を超えており、さらにフィードバッグ評価スコアも4.6〜4.9という高い値になっています(どちらも本記事投稿時の数字)。Tennmak ProやCrazy Celloの音質からもその技術力の高さがうかがえます。このメーカーにはぜひハイブリッドイヤホンを開発してくれることを望みたいです。

中国国内にはイヤホン専門のガレージメーカーがいくつも存在します。それらが切磋琢磨しながら日々製品開発に勤しんでおり、次から次へと優秀なイヤホンを生み出しています。いまや世界中のイヤホン製品の8割が中国国内の工場で生産されているので、これは特に驚くべきことではありません。Tennmakのような小さなガレージメーカーがCrazy Celloのような優秀なイヤホンを生み出せることが中華オーディオ業界の底力を示していると言えるでしょう。

評価ランク:★★★★☆

商品ページ


Tennmak Crazy Cello

http://www.aliexpress.com/item/Tennmak-Crazy-Cello-Hi-Res-In-Ear-Loseless-Metal-Earphone-High-Quality-Ensurance/32755873753.html

2017-02-08 13:03 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中・高級機イヤホンを試聴しました

昨日出張で秋葉原へ行く機会があったので、近くのホテルに一泊して、二日続けてeイヤホン秋葉原店へ寄ってきました。ポータブルオーディオ・マニアの間では有名な店で、私も通販では何回か利用しています。店内に多くの試聴機があるのは知っていたので、一度行ってみたいと思っていました。やっと実現できて、eイヤホンへ行くのはこれが初めです。
DSCF7973-AudioShop-e_earphone_Akihabara-468x351.jpg
地方在住なので、こういう機会でもないと専門店でしか売っていない機種は聴くことができません。私が今回試聴したイヤホンは以下のとおりです。

 DENON AH-C820
 final Heaven VI
 ortofon e-Q7
 RHA T20
 Acoustune HS1003
 Acoustune HS1004
 Fidue A91 SIRIUS
 Pai audio PAI-DR1
 Pai audio PAI-MR3
 Westone W60(WST-W60)
 Westone W80(WST-W80)
 64 Audio U8
 64 Audio U12
 Campfire Audio ANDROMEDA
 HUM Pristine-Reference (Universal fit)
 Noble Audio KAISER10 UNIVERSAL Aluminium
 JH Audio Angie II Universal Fit
 JH Audio Roxanne II Universal Fit
 JH Audio Layra II Universal Fit

主にユニバーサルIEMを聴きましたが、コンシューマ機もいくつか選んでみました。有名所のSHURE、Ultimate Ears、DUNUを外したのは、これらの機種は情報が多く大体音質の想像がついたからです。個人的にこれらのメジャーな機種を積極的に選ぶ気もあまりないので、今回はあえて外しました。

上の中で一番感銘を受けた物はHUM Pristine-Referenceです。その音を初めて聴いた瞬間、こいつはいつか必ず手に入れてやろうと決意するほどでした。野太くすざましい躍動感の音なのに、ものすごく音場が広いことに驚きました。楽器の音が直接耳に飛び込んでくるような迫力があり、まるで録音スタジオやライブハウスで生演奏を聽いているようでした。オーディオ機器の評価においてこれは例えで良く使われる表現ですが、Pristineについては文字どおりの意味です。本当に半端ない臨場感です。私がいままで聴いたイヤホンは、すべて楽器やボーカルと自分の間に何枚かカーテンが挟まれたような音だったんだということが判りました。Pristineにはそういうベール感がまったくありません。ドライバ構成は2BAですが、それが信じられないほどの音の洪水です。掛け値なしで、これこそ唯我独尊・唯一無二の音だと思いました。店頭で試聴するまでまったく知らない存在でしたが、ググってみると、コンデンサを搭載していることで有名な機種らしいです。HUMというのは香港のオーディオ・メーカーで、いまのところイヤホンはPristineの一製品だけのようです。元々はカスタムIEM用のモデルですが、今回試聴したのはそのユニバーサル版です。若い頃に音響エンジニアになりたくて、私は一年ほど放送局やPA業界で働いていたことがあります。Pristineの音を聴いた瞬間その当時の記憶が呼ば覚まされて、放送スタジオやライブハウスでの演奏を近距離で聴くと、イヤホンやヘッドフォンで聴くのとは段違いの音圧だったことを思い起こしてしまいました。

次点で感銘を受けたのはJH Audio Layra IIでした。Layraにはついてはあらかじめ多くの情報を読んでいたので、これは予想どおりでした。現在市販されている中で最高価格の機種として有名ですが、JH Audioの代表者でカスタムIEMの神とも言われるJerry Harvey氏が設計・開発したイヤホンとしても有名です。AngieとRoxanneも聴きましたが、Layraは別格の音でした。音像と音場の両方がものすごく立体的です。ほとんどのイヤホンは楽器が横一列に並んでいるか、あるいは前後の差はせいぜい1〜3m程度です。しかし、Layraでは各楽器の左右はもちろん前後・上下の位置まですべて判ります。それどころか楽器のどの部分から出ている音なのかいうことまで聴き分けられるくらいです。ただし、全体的に濃厚な感じでロックやメタル向けの音色だった点だけは気に入りません。Jerry Harvey氏はメタルが大好きらしいので、その好みが反映されているような気がしました。クラッシク系もかなり満足度は高いですが、音の透明感が物足らない印象でした。私には到底手が出る値段でもないので、Layraを入手することはまずないでしょう。

他に印象的だったユニバIEMを上げると、まず64 Audio U12でしょう。透明感があり見通しの良い自然な音域感は文句のつけようがありません。音像がくっきりして音場もすごく広く、これらは今回試聴した中で一番私の好みに合っていました。ただし、HUM Pristineを聴いた後だったので音場の広さに物足りなさを感じました。Campfire Audio ANDROMEDAのきらびやかな音も印象的でした。キラキラした高音域と透明感満点の中音域はすばらしく、まさに美音系という感じでしたが、低音域の存在感が薄めだったのは気に入りませんでした。Noble Audio K10も前々から聴いてみたいイヤホンでした。総合的な音質はさすがで非常に高いレベルでバランスが取れている感じでしたが、全体的に音が硬い印象が強く、やはり私の好みからは少し外れていると思いました。

コンシューマ機で一番印象が良かったのはAcoustune HS1004です。まだレビューを書いていませんが、じつは私は同メーカーの旧モデルのHS1001を持っています。その音が好きだったので、HS1001のモデルチェンジ版に位置づけられているHS1003を先に聴いてみました。確かにHS1001に近い印象の音でしたが、HS1001の個性が薄められることで全体的な質感バランスは悪くなっていように思えました。どちらかと言うと、続けて聴いたHS1004の音の質感とトーンバランスの方が私の好みに合っていました。eイヤホンでも中古品が展示されていましたし、オークションにも過去に何度か出品されているので、手頃な値段で入手できる機会があれば良いなぁと思いました。

発売を知って以来聴いてみたかったFidue A91も試してみました。しかし、私にはその価格に見合った音質だとは思えませんでした。現在のイヤホン・ローテから外れていますが、じつは私はFidue A81とA83を持っています。最初に聴いたときはすごいなぁと思ったのですが、どちらも作りもの感が強く聴き疲れする音だったことが気に入りませんでした。A91も全体的に似たような印象の音でした。現在のA91の市場価格は9〜10万円でA81やA83との差が大きいですが、これは同機のドライバ構成が4BA+1DDだからでしょう。ドライバが増えた分もっと自然な音質になっていることを期待していたのですが、そういう印象はしませんでした。Fidueはこういう音造りなんだということを再確認できたので、今後このメーカーは私の選択候補から外すでしょう。

RHA T20も前から聴いてみたいと思っていた機種でした。MA750の評価がeイヤホンや価格.comで非常に高く、同メーカーの新機種だったからです。しかし、T20の音は私の好みから大きく外れていて「凡庸な優等生的な音」という印象でした。じつは、これは予想どおりでした。中華イヤホン・マニアの間ではMA750の評価は低いので、T20も多分私の好みからも外れているだろうと推測していました。

他に印象が良くなかったコンシューマ機を上げると、final Heaven VIとortofon e-Q7も私の好みから完全に外れていました。これも予想どおりでした。いままで入手したシングルBA機がすべて私の好みに合わなかったからです。シングルBAの銘機と言えばEtymotic Research ER-4Sが有名ですが、これも好みから外れているだろうと予想しているので私はまったく興味がありません。同構成のイヤホンは完全に候補から外しても良いと思っていましたが、ついにこれは確定事項になりました。

私のイヤホンへの興味はいまユニバIEMへ移りつつあります。まだレビューを書いていませんが、すでに中華製ユニバIEM機をいくつか入手しています。今回主にユニバ機種を試聴したのは、中華ユニバ機と音質の差がどのくらいあるのかを知りたかったからです。東京へ行く機会があったら、またeイヤホンへ寄って他の機種も試聴してみるつもりです。

2017-01-28 19:32 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 黄昏色のオーディオ使い All Rights Reserved.